根菜のコンフィ
低温のオイルで煮る「コンフィ」というフランス料理の調理法を使い、素材の旨味を引き出したメニューです。お酒のつまみにも、保存食にもなりますよ。東北牧場の野菜は完全無農薬なので、皮がついたままでも安心して食べられるのが嬉しいですね!
根菜のコンフィ

材料(1人分)

1.ごぼう・・・お好みの量

2.にんじん・・・お好みの量

3.メークイン・・・お好みの量

4.ネバリスター・・・お好みの量

5.短形自然薯・・・お好みの量

6.にんにくチップ・・・適量

7.オリーブオイル・・・適量

8.塩・・・適量

9.ローリエ・・・1枚


 

 

●作り方

1.野菜をよく洗う。東北牧場の野菜は無農薬なので、すべて皮付きのままで良い。ごぼうは、流水しながらリードや布で優しく洗う。ネバリスターやとっくり芋は、コンロの火で軽く炙ってひげを焼き切る。

2.表面の水分を拭き取り、適当な大きさにカットする。

3.小鍋に野菜がひたひたになる位のオリーブオイルを入れ、にんにくチップ、塩、ローリエを入れる。

4.小さな泡がふつふつと出るくらいの弱火で、じっくりとオイル煮する。(目安:30分〜1時間くらい)

5.ごぼうに竹串が通るようになったら油をきり、塩をふる。

 

ポイント

ごぼうは、コンフィしたオイル少々とミキサーにかけるとバーニャカウダソースになります!残ったオイルは野菜の旨味や香りがしみ込んでいるので、パスタソースやドレシング等にも使えます!

 

 

 

         
         

       
お野菜と卵のレシピ
大切な方へ卵のギフトカード
       
       
東北牧場「お電話でのご注文・お問い合わせ0170-62-9200」